泉竹 いづちく

IZUCHIKU

カルチャーイブニング

2016年7月

『日本の素晴らしさ、文化、伝統…それを代表する「京都」の魅力とともに、「大覚寺」の名を、若い人をはじめとする沢山の方に、広く知っていただきたい』という思いから、よしもとクリエイティブ・エージェンシ―と、旧嵯峨御所 大本山 大覚寺様がコラボレーションし、2015年6月に立ちあげた「大覚寺カフェ」プロジェクト。

2年目を迎える今年は、さらに世界へ発信しようと東京有楽町の日本外国人特派員協会(FCCJ)に、外国人記者やFCCJの会員を招き、嵯峨天皇の離宮として建立された「大覚寺」の魅力を英語の通訳を混じえながら紹介するイベントとして「カルチャーイブニング大覚寺」が7月7日に開催されました。

当日は、1200年前から続く伝統と格式あるお話や写経体験、また嵯峨天皇の自然や草木に対する慈しみの心が礎になっている歴史ある大覚寺の「いけばな嵯峨御流」のデモンストレーション、そして京都出身のチュートリアル(店長:徳井義実/シェフ:福田充徳)のお2人が、楽しい会話で「大覚寺カフェ」の紹介するコーナーなど、盛りだくさんの素晴らしいイベントとなりました。

私ども泉竹も、ご挨拶と、世界文化遺産である「和食」に多大な影響を与えた「精進料理」の紹介、そして30種類の食材を使った精進料理弁当をご提供し、皆様に召し上がって頂きました。微力ではありますが日本の素晴らしさを伝えるイベントに参加させていただき、心から感謝申し上げます。

Copyright© 2013 IZUCHIKU.CO.,LTD. All Rights Reserved.